08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8か月になりました

28週を過ぎ、8か月に突入しました。

少し経過を報告しておきます。


現在の状況ですが、先週の検診で、血圧が少し上がってしまいました。
・・といっても、もともと130/80くらいが140/90なので、急激な上昇と言う訳でもなく、
その日は、予約時間に遅れそう汗とかになって、暑い中急いで行ったんですよね。 
なので、少し落ち着いてから測定して、高めだったので何度か測り直して一番低く出た数値を
報告し、急いで来た経緯もお話したのですが・・看護師さんに改めて測定し直され、
いちおう妊娠高血圧症の基準に引っかかっちゃうんですよね、140/90だと。
まあ、もともとこのリスクのために今の病院にお世話になっているわけで・・。
降圧剤の内服と1日3回の血圧測定を指示されてしまいましたorz


内服前に自分で測定したはいなかったので、薬のおかげも多分にあるのでしょうが
その後は110/70-80台と優秀な血圧(少し低いんじゃないかと思うくらいです)で経過しています。
体重管理も、仕事のおかげ(?)かなかなか優秀で、現在のところ+3kgです。

最低でもあと8週(2ヶ月)はお腹にいてもらわないとならないので
これからも管理を頑張りますグー!


最近では、胎動はかなり激しくなり、お腹の中で地震が起きているみたいなとき
があります。外から見ていると、肘か足かがボコって出るのが分かるときもあります。
わき腹をキックされると効きます。
身体もだんだん身軽ではなくなってきて、すこし動くと息が切れたりもします。


その他、最近の出来事と思うことなど・・

そんな訳で、万が一の早産に備えて、そろそろ早めに入院準備も進めておかなきゃ・・
ということで、先日ずっと開けていなかった箱をあけました。
それは、妹からもらった姪っ子と甥っ子のお下がりの新生児用の肌着の入った箱。
とっても小っちゃくてかわいい 絵文字名を入力してください
もうすぐ、この肌着に袖を通す子が産まれて来るのかと思ったら、
感無量・・うるうる涙 で急にいろんな感情がこみ上げて来て
ポロポロとしばらく一人で泣いてしまいました。
妊娠のために、少しナーバスになっているのもあるのかもしれませんが・・。

これって不妊治療をしてきた末に授かったから??とも思いますが、
母の気持ちって、何人子どもを産もうと変わらないのかな・・と思う一件もありました。

それは、半月ほど前に大学時代の友人に会ったときのことです。
今春に3人目の女の子を出産しています。
さぞかし出産も育児も慣れてお手の物・・かと思いきや、
妊娠中もいろいろ心配なこともあり、下肢に静脈瘤ができたりして大変だったこと
出産も育児も毎回毎回、同じではなく新鮮であることなどを聞きました。
出産祝いとして‘Someday'という絵本(ある一人の女性が女の子を産み、
その成長と人生を想う気持ちをつづった内容の絵本)を送ったのですが、
友人は、パラパラとめくって 「あーダメだ、こういう本読むと泣けてきちゃう・・」といって
目を潤ませていました。
そんな姿をみて、何人産もうとどんな形で授かろうと、母の気持ちは皆一緒なんだなって
思いました。

授かる前、授かってすぐの妊娠初期には、8か月くらいになって胎動も感じるように
なれば、もう心配なことなんてほとんどないだろうって思ったりしていましたが、
お腹もだいぶ大きくなった今でも、やっぱり無事に産まれてきてくれるか
お腹の子は元気なのか、ってやっぱり心配だったりします。
そして、それは、きっと出産後も・・子どもを持ったらずっと続くんだろうという気が
最近しています。
親とはそういうものなのかもしれないですね。
だから、今思えば、不妊治療をしているとき、子どものことを考えるようになったとき
から、実際に子どもがいるいないに関わらず、既にみんな親なんだなーって
ふっと、思いました。


長くなりますが、次に、私にまだつきまとうテーマの、仕事と出産・育児。
一時期は出産前に仕事を辞める決意をした私ですが、
今、またすごーく迷いつつ、出産後も仕事を続ける方向で進んでいます。

けれど、やっぱり妊娠しながらの仕事は楽ではありません。 当たり前ですが。
周りの人にもずいぶん助けてもらっています。
思ったより休みはないし、産休だって産前6週~です。
産前6週って、予定日(40週に当たる日)から遡って計算するので、
37週~は正規産になるので、40週以前に生まれた場合は、
出産の約1ヶ月前まで働いていることになるんです。
いろいろ出産準備もしたいし・・と思っても思うようにならなかったりします。

それから、電車通勤も、マタニティーマークはかばんにつけているものの、
これまで、毎日通勤していて、席を譲ってもらったのはたったの1回です。
これが現実・・。
でも、譲ってもらえないことには、別に私はどうとも思いません(最近ではすこし身体が重く
なってきたので譲ってもらえたらありがたいですが・・)。
朝早い電車に乗っている人達は、みんな疲れていたり眠そうだったり、
一見しただけではわからない障害や病気をかかえていることもあるでしょう。
とにかく通勤は誰にとっても大変です。 そんな中、妊婦がなにも好き好んで
そんな時間に電車に乗らなくても良いわけで、 好き好んで仕事を続けることにしたのは
自分なわけで、「誰も譲ってくれない」と腹を立てるのは何か違う気がします。
けれど、7ヶ月に入ったばかりの頃、思わぬ一件に遭ってしまいました。
ある日の帰りのこと。 その日はとっても仕事が忙しく、私もさすがに疲れてウトウトしたり
していました。だいたい帰りの電車は始発駅に近いので座ることができます。
途中、電車はだんだん混んできて、私の目の前に杖をもったおば様が立ちました。
私はすぐに杖に気づきましたが、とても疲れていたのと、マタニティーマークをつけている
私が譲らなくても良いかな・・とそのまま座っていました。
私の両隣には割と若めの男の人、そのほか若い女性なども座っていましたので
誰かが譲ってくれるといいな・・と思っていましたが、だれもそんなそぶりはなく、
そのうち、誰も譲ってくれないと悟ったのか、杖のおば様は私の前から離れて、ドアの方へ
行ってしまいました。
そうしたら、おば様の横に立っていたおじさんが、私に向かって
「ねえ、今、目の前に杖をもった人が立っていたのに気づかなかった?」と言ってきました。
私は 「私ですか? あのー、実は私もこういう状況で身体がキツくって・・」とマタニティーマークを
見せたのですが、「なんだそれ」と言われ・・
「私が譲ったほうが良いですか?」と言ったら 「そうだよ」と言われ、
そのおば様のところに声をかけに行きました。
でも、そんな状況をみておば様も座れるはずがありません。 「いいですよ」と断られ
たので、もう一度戻ってその席に座っていたのですが、溜まった疲れと妊娠中で気持ちが不安定
なのも手伝って、そのうち、悔しくて涙が止まらなくなりました。
おじさんはまだ仕方がなかったとしても、周りのだれも「私が代わります」とか言ってくれる
人はなく、知らん振り。
もう、私はどうにもいても立ってもいられなくなり、やむなく次の駅で電車を降りました。

・・となんだか、仕事のデメリットばかり書いてしまいましたが、続けていて、良いところも
もちろんあります。
活動量が多く規則正しい生活が送れるため、体重管理が良好です!
妊娠のことで必要以上に余計な心配をする時間がない。
休みの日は有意義に時間が使える(時間がたくさんあるように思える)
いろんな人に会って話ができる・・ことなどです。



近況報告の最後は、母親学級のこと、出産に臨んで・・のこと。
8月の始めに、初めての母親学級に参加しました。
おっぱいケアの話など、なんだか新鮮でしたキラリラ
周りが自分と同じ妊婦さんばかりというもの新鮮でした。
クラスの最後に分娩室と病棟を見学できました。
分娩室では、出産に臨む際に希望があれば持込みで好きな音楽を流してくれる
そうです。 ある方は、へその緒を切る際に、‘Time tosay good-by' をかけたそう・・。

私は何が良いかな・・と考えたところ、
CMの影響が大きそうですが、小田和正さんの『言葉にできない』が良いかなーなんて
思っています。
♪ブルー あなたに会えーて、ほんとうに良かった。
 ♪ うれしくて、うれしくて、言葉にできない・・  っていうあの歌です。



それと、最近興味深々なのが、スリングという抱っこひものこと。
あれって、どうやら奥深いみたいです。
いろいろ調べはじめて、その奥深さに最近はまっています。

そして、やっぱり楽しみなのが、今では2週間に1回になった検診の日。
エコーの我が子に会えることはもちろんのこと、
通院が楽しみな理由がもうひとつハート
担当の先生が美人でかっこいいこと って男みたいですね、私。
お腹の子共々、親子で先生に会えるのをとっても楽しみにしています。


なんだか、久しぶりなのでたくさんのことを書いてしまいました。
私の近況はこんな感じです。

あまりコメントは残していませんが、このブログで出会った人たちのことは
今でも気になってときどき遊びに行かせてもらったりしています。

治療がうまくいった方、頑張っている方・・もうすぐ出産を迎える方・・いろいろみたいですが、
赤ちゃんは、その人にとって一番最高のタイミングでやってくるのだと
以前知り合いに言われたことがあります。

たまたま立ち寄って読んでくださった方、ありがとうございます。
次は出産報告になるかしら・・
でも、またそれより前に書きたくなって更新するかもです。
ホントに気まぐれな私でスミマセン・・苦笑い




スポンサーサイト

プロフィール

皐月ママ

Author:皐月ママ
新橋夢クリニックでの治療の末に二人の子どもを授かることができました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。