11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後Day18 (5w2d)

昨日Day17・・行って来ましたよ、胎嚢確認に。
10時少し前に夢クリ到着。


昨日のその時間頃はとても空いていました。
採血をしていると、私の前の番号の人が内診に呼ばれていました。
早っっ!!
ちゃんとエコーで見えるようにおしっこはしぼりだして置かないと、
とちょっと焦りました。
採血後、「このまま4Fでお待ちくださいね」とのこと。
(今日もナースセンターではないんだなー。)

急いでトイレに行って戻ったけれど、その後呼び出しはもっと前の番号の人になり・・
気を取り直してゆったり待つ覚悟。

それからそんなに待たないうちに内診に呼ばれました。

「さつきさんやね。」
(今日は院長先生だ)

ところで昨日は、やっぱり茶色オリはちょっと心配だったので
茶オリが出ている旨を外来受付に出す紙に書いて置きました。

内診中、院長先生はいつものように独り言のようにブツブツと言っていました。
「出血しているところは・・なさそうやな。
 うーんでも油断大敵や。」

先生は胎嚢のことには触れず、出血源をまず探していたようでしたが、
私は、画面が映った瞬間から探しましたよ、胎嚢を。
(あった!! たぶんあれだ。)
黒い楕円形の物が映っていました。

そうこうするうちに
「胎嚢はこれやな。」と言いながら方向を変えて診たりしていました。

看護師さんが
「採血の結果が出るまで診察室の前でお待ちください。」というと
院長先生
「まだ結果出てないの? じゃあ前のベットで横になっててもらって。」

ということで内診室の横のベットに案内されて横になりました。

けど、あそこはあんまり落ち着かないですね。
それに、朝まで深夜勤であれだけ動いていたのに、急に安静と言われても違和感ありすぎです 汗;

そしてそこで過ごしたのは20分くらいでしょうか・・
「呼ばれましたので・・」と看護師さんが迎えにきてくれました。
「大丈夫ですか?」と優しく言ってくださいました。
しかし、当の本人はいたって大丈夫もなにもバリバリですって感じです。


そして診察室1番で・・
エコーの写真を見せてくれながら
「今日からは安静やね。ほらっちょっと内膜が薄いんよ。」
(って言われてもあんまり良く分かりませんでしたが・・)

私 「安静って、どのくらいの安静が必要なんですか?」

やや大きめな声で 「寝てるのが一番!!」 

私 「いつまでですか?」

「もっと、これが深くまでもぐりこんでしっかり着くまで。
 まだまだ浅いから。
 9週に入るくらいまでやな。」

私 「胎嚢のくっついてる場所とかは大丈夫なんですか?」
 
「子宮の真ん中辺やな。」

私 「あのー、仕事を休めないので診断書とかっていただけるのでしょうか?」

 「ええよ、診断書ね。いっくらでも書いてあげるよ!!」 

なんか昨日の院長先生はテンション高め 花 でした。

診察室を出る前には
「家事はぜーんぶご主人にやってもらいなさい。ここからが大事なんだから。
 男の人はなんもせーへんでもいいけど、女の人は大変なんだから。
 こういうのは共同作業よ。
 トイレとシャワー以外安静やからね。 外出もダメ!」 と言って笑っていました。


先生にとっても妊娠した患者が出るってことはやっぱりうれしいことなんだろうか・・
「おめでとう」と言う言葉はさすがにないけれど
なんかいつもと違う様子に面食らっちゃいました あちゃー

 胎嚢の大きさ・・7.4mmでしたキラキラ(オレンジ)



 

スポンサーサイト

移植後Day16

ブログの更新が滞っていました。
サボってた訳ではないのですよ。
本当はday12の通院のことも残しておくべきでしたが、
なんだか、もはやhcgが出ているというだけでは飽き足らない気持ちになっており、
次の報告は胎嚢が確認されてからにしようと思っていました。
人間って欲張りですねー マジですか (私だけか・・。)
ひとつうまくいくとすぐ次ってなっちゃうんですから。

欲張りさんが出てくると、なんか焦ってからまわりしちゃうんですが、
そんな時、タイミング良く皆さんがコメントを残してくれていたりして、
そのコメントに勇気づけられ、冷静さを取り戻すことができました。
本当にありがとうございます jumee☆faceA6


Day12の診察のことを書いておきますね。
まず、Day11と12の朝、あんまり何の体調変化もないので
証拠が欲しくて 妊娠検査薬やっちゃいました。
今度は早期ではなく一般的なもの。
Day11がチェックワン Day12がクリアブルー
両方ともくっきり陽性がでました。
10倍かはわからないけれど、hcgが伸びていることは確かなようでした。


Day12はS先生の診察(といっても内診はなくお話だけ)でした。
採血のあと、ナースセンターに案内されるのかなーっと淡い期待をしていましたが
あっさり 「3Fでお待ちください」 とのことでした。
やっぱりね。 まあ、別に体調が悪いわけでもないので3Fのほうが自由に過ごせるので良かったですが。
けれど、S先生だったのもあるのかすごく早く呼ばれました。
会計終了まで1時間弱でした。

S先生
 「hcg伸びてるね。 うーんと13.5倍だね。 順調に育ってるみたいだね。
  薬は今までどおり続けてもらって、次回は赤ちゃんの袋を確認します。」

いつもクールで表情ひとつ変えない印象のS先生ですが、
今日は笑顔でした。
やっぱり医療者も悪い知らせよりは良い知らせをしたいですものね。
その気持ちよーくわかります。
なんだかとてもかわいい笑顔でした。

 Day12の採血結果
    β-hcg・・758.0  E2・・163  P4・・0.7



相変わらず体調は悪くありません。
ときどき下腹部がチクチクするのと、腰が重だるいときがありますが、気のせい?と言える位の軽いもの。
しかーし、9日(日)の夜、準夜勤が終ってホッとしてトイレにいったら、
茶オリが・・驚く
一瞬動揺して、その日は帰ってすぐに横になりました。
けれど、茶オリはごく薄ーいもので、ときどき下着やティッシュに付着する程度のもので量が増えるようなこともなかったので、今のところ大丈夫そうです。
今日はほとんど出てないです。
きっと今は、赤ちゃんが拡大する工事中なのだから多少は仕方がないですよね。


ところで、赤ちゃんって一番初めは栄養の袋の方が大きいんですよね。
移植する胚盤胞をみせてもらった時もそうだったし、胎嚢もそうでうよね?
なんか、自分の身体よりも大きい食料をもって人生の旅に出るんだ、と思ったら
なんか笑えるというか、かわいーですね。
たくましいなーって思っちゃいます!
自分たちもそうやって産まれてきたわけなんですけど。

明日、そんなたくましい姿をみせてくれたらうれしいなキラキラ(オレンジ)

今日はこれから深夜勤に出て、その足で夢クリに向かう予定です。
朝からやけに眠そう&疲れている感じの人をみかけたら私かもしれません。



移植後Day10

相変わらず元気です!
体調変化は全くなし。 むしろ判定前より元気なくらいです。

2日前のブログに‘ちょっと反省・・’なんて書いてみたけれど
仕事をセーブできるはずがありません。
朝、スタートしたら最後、
猫の手も借りたい状況の中、
あちこちから 「こっち手を貸してくださーい」 の連呼。
車椅子、ストレッチャー 何往復したことだろう・・。
こういう時に限って、身体の大きい人がいたりするんですよね 汗;

だけど、ちょっとでも手が空いた時、記録をする時は必ず座ってするよう
にしたりしてます。

あとは、アルコールは元からそんなに飲むほうではないので
全然飲まなくても大丈夫だから止めてますし、
コーヒーは大好きなんですけど、止めました。
コーヒーの変わりは ルイボスティー、たんぽぽコーヒー、カモミールティーです。

薬も相変わらず忘れそうに・・

ココだけの話、移植前、薬を飲み忘れそうになったことをブログに書いたことが
ありましたが、ホントは指定の時間から1時間を過ぎてしまったこともありました 苦笑い
これは危険なのでマネをしないでくださいね。
もし夢クリ関係者にブログを見られちゃったら叱られちゃいますね 汗2


私はかなりの不良患者です。
基礎体温は測ってないし。
基礎体温は、以前測っていてすごいストレスだったんです。
だいたい不規則勤務なのでちゃんと測れないし、
ちょっとでも変動したりすると不安になって・・。
そんなことなら「やめてしまえ」って、ずっと測ってません。

とにかくストレスなく治療をすることが一番の目標でした。
なんたって、妊娠にはストレスが一番悪い気がするからです。

昔はいろいろ凝ったことがありましたよ。
玄米ご飯とか、サプリメントとか・・・
夢クリはサプリメント禁止ですしね。

仕事もストレス一杯なんですけど、発散もできる!
皆で怒って泣いて笑って・・・実は楽しんでいるみたいです。



今の私にできる唯一のこと、
卵ちゃんの生命力を信じること。
子供を信じることは親として一番の基本で大切な仕事ですものね。
親としての最初の仕事をまっとうします。



こんな前向きな気持ちにさせてくれたのはコメントをくださった皆様のおかげもあります。
心の中でコメントをくださった方も含め、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくおねがいします。







移植後Day8 ちょっと反省

移植後8日目。
相変わらず体調の変化は全くありません。
それもあって、陽性反応を告げられた後も実感なしです。

今日は日勤でした。
フツーに働いてました。
車椅子もストレッチャーも押してました。
動けない人が起き上がるのを手伝ったりもしてました。
特に昨日安静が必要とも言われなかったので・・。
移植の時に看護師さんから「これからは活動は日常生活の範囲内で」とは
言われていましたが、私にしてみれば これが日常であるわけで・・・。


私よりも少し前に陽性判定が出た方のブログによると
2回目判定日の時は結果を待つ間ナースセンターに案内された
ということで・・。

今からそんなに安静が必要なの??

でも、まだ職場の人に妊娠を知らせるには早いしなー。
2回目の判定でhcgグーンと伸びて更に確定的になった時か
胎嚢が確認されたあたりにしよう、と考えていたので。


だけど、調子に乗ってなめちゃアカンですよね。
今のところ出血したりしていないので良かったです。
明日はもう少しセーブします。


昨日は何人かの方にコメントを頂いていて本当にうれしかったです。
ありがとうございましたオレンジのきらきら
今日家に帰ってきてコメントを読ませてもらって
陽性反応出てたんだって再認識できました。
そして今日の行動を本当に反省しました。
これは完全に否認ですね。
これからのことが怖くって仕事に逃げてました落ち込み

やっと手にしたチャンスを自分の手でつぶしたりしちゃいけないですよね。









移植後Day7 判定日

今日は7時15分起床。
目覚ましのタイマーは7時にセットしたのですが、ちょこっと寝坊。
(こんな日に寝坊できるなんていい根性してます、我ながら・・)
早速エストレースとデュファストンを飲んで
トイレに直行 あ

今朝になって再び使おうかどうか迷ったのですが
やっぱり検査薬使ってみました。
昨日ネットでいろいろ調べたところ、BT7日目だと
普通の検査薬(50Iu/L)だと反応しないことが多いようだったので
チェックワン FAST (早期検査薬)の方を使ってみることにしました。

いよいよ・・終了ラインが出たけれど
判定窓にはラインがでない 涙

そんなはずはないっっえぇ

もう、それから検査スティックとにらめっこです。
光にすかしてみたり・・
すると、すっごい良くみなければわからないほどのラインが見えてきたような・・・
「これ、あるよね、あるよね・・・」
と自分に言い聞かせていましたが、もし他の人がみたら
「えーっ?ないよ。」というくらいの。
そして何分くらいたったのか・・
おそらく3~5分くらいだと思います。
ラインが薄いけれど、誰が見ても「見えるよ」という程度まで出てきたのです!

着床はしているみたいだ・・。
尿で出るくらいだから hcg0.0ってことだけはなさそうだ。
それだけで十分。
もう‘hcg0.0’という数値を見るのだけは懲り懲りだから v


ちょっとだけホッとしてクリニックに出発しました。


9:15  夢クリ到着  採血

そして待つこと2時間弱・・やっぱり混んでいました。
4階には10時過ぎくらいに呼ばれたのですが、
そこからが更に長かった。

11時過ぎに診察室に呼ばれました。

院長先生

今日も入るなり 無言 「・・・。」 カルテを見ていらっしゃる。
心のなかで 「早く結果を教えてよー泣き顔」と叫ぶ。

「今回はホルモン周期やったね。」

「とりあえずhcgは出てるよ。 まあ、無事に飛び立てたってとこやな。 
 これから、高く飛ぶのもあれば、墜落するのもある。
 次のhcgの伸びによるね。」

本日の結果
   β-hcg・・56.1  P4・・1.0  E2・・197  FSH・・1.5


私 「次の時にどのくらいになっていれば良いんですか?」

「8倍~10倍かな。 人によってはもっと伸びる人もいるけど。」

そして、薬の説明やらがあって終了。


処置室で黄体ホルモンの注射を打ちました。



なんだか、喜んでよいものやら、まだ早いのか
なんとなくまだ信じられないような感じもあり・・・複雑です。


院長先生の口ぶりも、
良いとも悪いともつかないはなし方で、
良くブログを拝見していると
「この数値なら何パーセントで出産までいける」と言われた・・
というような記載をみかけますが、そんなことも全く言っていませんでした。


けれど、私はこれまで7回移植をして
初めて陽性反応というものを見ました。
もしかしたら、私は今の医学ではわからないような着床できない体質
だったりして・・とかずっと思っていました。
何しろ一回たりともかすったことすらなかったのですから。
しかも、今回は「きれいな卵ですね」とお褒めをいただくくらいの
卵を移植して、前回はハッチングをしなかったけれど、今回はしたし、
もし、これが全くかすりもしなかったら、かなり致命的だなーと
思っていたんです。
なので、いちおう私も妊娠できる身体なんだってわかって
そのことが良かったですし、私にしては快挙 です びっくり


そして、新橋夢クリニックはやっぱりすごいと思いました。
今まで一回も妊娠したことのない私をここまで導いてくれました。


あとは、卵ちゃんの生命力を信じて
順調に卒業まで辿りつけますようにクラッカー




プロフィール

皐月ママ

Author:皐月ママ
新橋夢クリニックでの治療の末に二人の子どもを授かることができました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。